[一般] 従来のカートとどう違いますか?

従来はHTMLでウェブページを作成していましたが、osCommerce では、アプリケーションをインストールして商品を登録するだけでサイトができあがります。

従来の方法は、HTMLでウェブページを作成して、それにショッピングカート機能を組み合わせる手法でオンラインショップを作るものでした。

そのため、新しい商品を登録したり商品説明を修正するためには、HTMLファイルを作成してFTPでサーバにアップロードする手順が必要でした。

osCommerce では、ブラウザで管理画面を開いて商品情報を登録すると、ショップの商品ページが即座に更新されます。多くの商品を販売したり、頻繁に商品情報をアップデートするオンラインショップでは、更新管理が圧倒的に効率的です。

また、商品情報・顧客情報・販売情報がデータベースで一元管理されていますので、相互に関連する情報を抽出したり、まとめてデータの入出力を行うなど、専用アプリケーションならではの高度な運用が可能です。